北陸バイクミーティング

2017年は北陸バイクフェスティバル、タカスミニバイク8時間耐久レース以外にもイベントを開催する事になりました。

前々より、もっとビギナーライダー、レースレースしていない人向けの走行会の要望受けており、この走行会を通じて

タカス8耐にまで参加するきっかけになればと思います。

以下概要です。

サーキットを走ってみたい!でもちゃんと走れるのか不安もっと上手になりたい!でも練習する場所がない、誰か教えてほしい!

同じ趣味を持つ仲間と集まるのが楽しい!でもどこに行けば好き者が集まっているの!?

年間通じて走行する距離が少ない北陸のライダーの声に答える形でHBM北陸バイクミーティング(以下HBM)は誕生しました。

最新のオートバイから、旧車まで様々なバイク、若者から年配のライダーがいらっしゃりますが北陸の地で中々交流が持てない、HBM開催で一同に開催地に集まり、楽しむ場所があれば情報交換、好き者同士の交流ができさらに楽しいバイクライフが生まれるはずと開催に至りました。

オートバイの高性能化、ライダーの高年齢化による事故の深刻化、ライダーのスキルアップでそのリスクを少しでも下げる事が出来ればもっとオートバイ人口も増えるはず。

今後、HBMを継続発展させていく事により北陸ライダーのスキル、マナー向上、車両のメンテナンスの重要性の理解によりストリートでの事故の減少が見込めるはずです。

バイクを降りる理由の一番はストリートでの事故や怪我、それが少なければライダーは年々増えるはずです。

HBMは必ず北陸のライダー、バイクショップ、サーキットにメリットがあるはずです。

第一回という事で、主催サイドもあらゆる面で大きなリスクと不安があります、しかしやらなければならないと思って開催する事にしました。

1回目が無ければ2回目も10回目もありませんので、至らぬ部分も多いと思いますが暖かい目で見守ってくださればと思います。

数を重ねる事に精度を上げ、より楽しんで頂けるようイベント規則もフレキシブルに対応していきます。

 

このイベントはまず主にビギナーライダーやレディースライダーツーリングライダーがメインになります、サーキットはもちろんバイクのライディング技術向上に興味のあるライダー、スポーツバイクに乗られているライダーも参加ください。

あくまで、参加者が速いライダーを気にせず思いきり走れる環境を作るのが目的です。

 

走行中インストラクターが外から走りを見ていますので、危ない箇所、苦手な場所があれば直接声掛けをします。

「アドバイス一言でバイクが気持ちよく乗れるようになった!」という話はよく聞きます。

タイムが出た、、、、あいつを抜いた、、、という話ではなく、フルブレーキが出来た、アクセルを躊躇なく開けられるようになった、コーナーが怖くなくなった、膝が擦れた、という話が聞けるようになればビギナークラスは目的は達成です。

 

最大走行台数を絞る事により峠を走るよりよっぽど安全でバイクの限界を知る事でとっさの時にパニックにならない。

アクセル全開、フルブレーキ、恐らく、ストリートライダーは中々経験できる機会が少ないと思います。でも、チャレンジできる場所がそこにあります。

 

 

まず、ここでバイクの楽しさ、奥深さを経験していただきより安全にバイクライフを楽しんで頂けるようにしていきたく思います。