HBF夏大会及びタカス8時間耐久レース開催について。

夏に開催予定の北陸バイクフェスティバル及びタカスミニバイク8時間耐久レースについて。

こんにちは!北陸バイクフェスティバル運営です。

いつもお世話になっております。

皆さまご存知の通り、新型コロナウィルスが猛威を振るっており4月に全国に発せられた緊急事態宣言もあり多くのイベントが中止になりました、

5月10日開催予定でした北陸バイクフェスティバル春大会も開催中止という判断を行いました。

この手のイベントは三密と呼ばれる状況には当てはまらないと思いますが、オートバイ協議に関しては危険を伴い、事故などがあった場合地域の医療機関体制の負担を考えると開催すべきではないと判断しました。

ただ緊急事態宣言も北陸では先日5月14日に解除されており、開催サーキットのスポーツ走行開始と共に徐々に様子を見ながら経済活動も再開への動きを行っております、我々も7月、8月の開催に向けて参加者様の皆様の健康と安全を最優先に考慮したうえでも、前向きな状況になってきていると思っております。

しかしまだ現状予断を許さない状況であります。

解除方向に向かっているとはいえ、連日新情報により日々状況が変わっております。

勿論、状況の中で延期や中止も十分あり得ると思っております。

今は、現状の予定日開催に向け状況を注視しつつ調整を行っているという状態でおります。

それらの状況を鑑みまして、我々北陸バイクフェスティバルとしても現状、今時点では、7月末のHBF夏大会、8月23日のタカス8耐を開催します!という強い言葉を発せられないのが現状です。 楽しみにしてくださっている方々には本当に申し訳ございません。

参加を楽しみにしてくださっていたライダー様、関係者様におかれましてはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

7月に入った時点で社会状況を鑑み、サーキットサイドとの感染予防対策に対しての打ち合わせ等を行い、十分な安全を確保したうえで判断できればと思っております。

状況が変わり次第、このHP等で更新して行きますのでどうかよろしくお願いします。

いいご報告が出来ますように心より想っております。

北陸バイクフェスティバル運営

株式会社マルトモ商店 中山しんたろう     2020年5月17日

あわせて読みたい