2020年もありがとうございました!そして2021年に向けて

2020年も1年ありがとうございました。

今年度は新型コロナの感染拡大で参加者のみならず、世界中が大混乱した1年でした。

北陸バイクフェスティバルは5月10日に予定しておりましたHBF春大会をキャンセル、
7月26日の夏大会を開幕戦として開催、タカスミニバイク8時間耐久レース、そしてHBFおわら秋大会をコロナ対策をした変速スケジュールの中で開催しました。

多くの方々にとって、普通ではない状況の中で皆様にご不便をおかけしました、その中でも皆様のご協力もあって、3回もイベントを行えたことを参加して下さった皆様、
そして場所を提供してくださった、おわらサーキット、タカスサーキット様にも感謝いたしております。

そしてその中で例年のデータを見る限り、例年になく転倒事故、保険の仕様が少なかったこともお伝えしておきます。
皆さんのご協力あってのイベントです、ありがとうございました。

バイクは最高です、 その最高のバイクを安全に楽しめる事それを提供する事を目的に北陸バイクフェスティバルを開催しております。
ひき続き2021年も北陸バイクフェスティバルを継続開催て行きたいと思います。

この手イベントを継続するために、これまでと違う変化を求められつつあると考えています、
2021年はタカスサーキット様で例年多くの参加者を集める、ミニ8時間耐久レースに追加して、少し短めのミニバイク耐久レースを企画しております。
さらにオートバイ事故減少をも目的にした技術向上を目的にした「練習会」をタカスサーキット、おわらサーキットで追加開催していこうと企画しております。

詳細は決まり次第このHP、また公式LINEで報告していきたいと思います。

参加者の高齢化は避けられない中で今後もさらにバイクと向き合い、
安全に楽しむ事を目指していきますので、また今後とも北陸バイクフェスティバルをよろしくお願いいたします。 

北陸バイクフェスティバル
運営 株式会社マルトモ商店 中山真太郎

HBFおわら秋大会スーパーストリートクラス 決勝レース
タカスミニバイク8時間耐久スタート風景

あわせて読みたい