★HRC GROM Cup参加の皆様へ(重要)

北陸バイクフェスティバルのミニバイクカテゴリーの中でHRCGROMCUP選択してくださるエントラント様
いつもお世話になっております。
今年も、HBF北陸バイクフェスティバル、開催いたします。

その中で今やメインクラスになろうかとしている、HRCGROMCUP規格ですが、
今年2022年でレギュレーションが大きく変更となりました。
まず、ご確認ください。

HRC GROM Cup技術規則2022年度版

HRCGROMCUPは今年よりDLタイヤのワンメイクになりました。

レースマシンにはDLステッカーが貼られることになります。

タイヤの変更は下記に指定したタイヤに限られる。
ドライタイヤ

・フロントDUNLOP KR337 PRO100/485-12
・リアDUNLOP KR337 PRO120/500-12130/490-12
・フロントDUNLOP TT93GP PRO100/90-12
・リアDUNLOP TT93GP PRO120-80-12

(TT93GP PROリアタイヤはコンパウンド選択可 : ソフト/ミディアムソフト/ミディアム)
ウェットタイヤ

・フロントDUNLOP KR345100/485-12
・リアDUNLOP KR345120/500-12130/490-12

DLステッカーはこちらの方で用意します。
ご意見あろうかと思いますが、どうかご理解ください。

また、今年度より耐久のシリーズポイントが無くなりました、よってスプリントのみのシリーズとなります。
(春、秋の2戦ですので、特に大きな章典もありませんが、HPには記載されます)
そして、クラス分けですが、基本的にはGROM4とGROM5に分け、それぞれに章典を付けます。
各クラス、規定台数に達した場合、優勝者にはDL様より使用タイヤを1セット進呈されます。(後日配送です)


また、おわら夏大会、タカスミニバイク8時間耐久レースに関しては、副賞のタイヤはありませんが、HRCGROMCUP耐久として、
規定車両は総合順位と共に、HRCGROM耐久として価値ある章典をご用意いたします。
(GROM車両で参戦の予定のチーム様、是非ともHRCGROMcup仕様で参戦のほどよろしくお願いいたします)

HBFとしては、全国統一レギュレーションのHRCGROMレギュレーションを遵守しております、
今後のミニバイクレースの発展の為に力を尽くすと共に、
皆様が分かりやすいイコールコンデションを目指して行きますので、どうかご理解の程よろしくお願いいたします。





あわせて読みたい