HBF41 秋大会INおわら & 21年1DAY バイク練習会  9/11更新

2021年10月10日に開催予定のHBF(北陸バイクフェスティバル)について詳細です。
現在の所開催の予定ですが、不測の事態もあろうかと思いますのでこのHPをチェックしておいてください。
HBF41イベント1週間前10月3日にバイクが1日走れる「1DAYバイク走行会」を実施します。
イベント日以外で中々日曜日を走れる機会が少ないですので是非とご参加ください。
昨年からコロナ禍の状況を鑑みた変速スケジュールを秋大会も実行します。

「新しいHBF」これまでのHBFとの違い
■ 朝練
 
 午前の時間をを有料スポーツ走行「朝練」とする。(これにより当日朝の入場時間に少し余裕バラツキを持たせる)
 参加台数によりクラス分けがある場合があります。(同時走行台数、スピード差、を鑑み調整を行います)

ミニバイク耐久
ミニバイク耐久は今回60分レースとする。  (午後1時スタートとし、1名参加を促し、参加台数を維持します)
ミニ耐久は基本ノーマルクラスとし、改造車両、車両仕様に準じてハンディキャップを付け混走とする 
(参加クラスを細分化し、より多くのライダーに表彰のチャンスを作る)
今回60分耐久のハンディキャップ SP仕様 最終周回数にマイナス2周 OPEN仕様マイナス2周
60分セミ耐久のスタート順は、「朝練」でのタイム順 (朝練参加なしの場合、以降エントリー順に並ぶこととします)

■各スプリントレース
ストリート、スーパーストリートは参加台数により、予選は統合20分(決勝は各クラスとする)
なおスーパーストリートクラスに関しては、練習走行でもSSまた、BIGバイクのタイムが向上しており、
おわらサーキットでのレースは危険と判断、400㏄以上のマシンを参加対象から外す事とします。

単気筒モデルなど1.2気筒モデルに関してはお問い合わせください。

(今、医療関係が切迫して居る中で怪我人が出るとHBFの存続にも関わると考えますので、どうかご理解ください)
ミニバイクに関して

ミニバイクはノーマル、エンジョイ、HRCGROMCupの3クラスとする。(エンジョイクラスは参加台数によりノーマルと混走の場合があります
HRCGROMcupは1レース制で参加台数により、GROM4、GROM5と分ける場合があります。
※ 今回試験的にスーパーストリートクラスはレインタイヤ使用可とする。
(ストリートクラスはこれまで通り一般市販タイヤ レインタイヤ不可とする)

■その他
 試験的に激感エリアを選定コース内特定場所にての撮影を許可する。その場合は事当日務局までお越しください。
 (安全面を考慮し主催者の説明を受けた方のみビブスを着用しコース内入場可能) 
新型コロナウイルス対策として、入場口で検温をすることとする。
また、マスク着用のお願い(受付にて配布しております)

また、是非ともご参加ご検討下さりますようよろしくお願いします。

■主催   北陸バイクフェスティバル  担当中山
     電話 076-267-3100 FAX076-267-3104

■開催場所 富山県おわらサーキット
     〒939-2367 富山県富山市八尾町平林72-1

■開催内容 ●「朝練」 9:00~12:00 スポーツ走行
      ● ミニ60分セミ耐久  
      ● ミニバイクスプリント ノーマル、エンジョイ HRCGROMCUP
      ● ストリートスプリント ストリート スーパーストリート
■参加料  
「朝練」申し込み制                事前 1台4000円当日4500円
60分耐久  1台                 9000円  朝練付き12000円
ミニ耐久の追加ライダーは1名1000円プラスととする。

ミニスプリント(エンジョイ、ノーマル)HRCGROMcup         6000円
ストリートスプリント                         8000円

ミニコンプリートパック 朝練、60分耐久、スプリント          16000円 
                      (WEBエントリーのみになります)
ストリートスプリント 朝練パック                   12000円
当日、ポンダーに空きがある場合当日申し込み可  その場合、参加クラス+1000円

■参加資格 当イベントの主旨、目的を理解してくださるライダー原付を含む2輪、4輪運転免許証の所持者
                                16歳未満の場合は主催者に相談の事
(レース初参加ライダー、初心者ライダーは事前に主催者に報告、主催サイドより講習を受けて下さい)

■出場申し込み  9月11日~
    基本的にはホームページ内よりリンクしているWEBエントリーがメインになります。
   それ以外の方法としては申込締め切り締め切りまでへの(大会1週間前)記入した
   エントリー用紙とエントリー料金を現金書留にてお申し込みください。
   また、イベント当日の当日エントリーもトランスポンダーの空きがある場合可能とする
   これに関しては、当日入場料と当日申し込み割増料金がかかります。

あわせて読みたい